ソフトバンクホークス鷹の祭典歴代ユニフォーム

2019年 「チャンピオン奪Sh!ブルー2019


「鷹の祭典2019専用ユニフォーム」デザインを、「チャンピオン奪Sh!ブルー2019」と名付けました。 ベースカラーの「チャンピオンブルー」は、セ・パ交流戦、レギュラーシーズンともに圧倒的な強さで優勝し、NPB史上初の11球団勝ち越しで、ソフトバンクとして初めて日本シリーズを制した2011年の鷹の祭典専用ユニフォームカラーである「チャンピオンブルー」を更に鮮やかに進化させた色となります。 「伝統の継承と未来への挑戦」を意味するストライプを配することで、今一度原点に立ち返り、一致団結して戦うホークスの意気込みを表現いたしました。
今シーズン、福岡ソフトバンクホークスは、「チャンピオン奪Sh!ブルー2019」のユニフォームをまとい、強い決意でリーグ優勝、3年連続日本一を全力で奪いにいきます。ファンとチームが一体となった戦いにご期待ください。

softbankhawks

2018年 「もう1頂!ゴールデンストライプ2018」

球団創設 80 周年のメモリアルイヤーにふさわしく、頂点を強くイメージさせる「ゴールド」のストライプは、2018 スローガン「もう1頂!」の「1」の連続で構成されており、「もう1度、1つになって、頂点を目指す」という、強い意気込みを表現いたしました。軽量生地に昇華転写プリントされ、袖には2018年のスポンサー「コカ・コーラ」のワッペン、背中にはプロコレの証である「NPBワッペン」が取り付けてあります。

softbankhawks

2017年「1ダホー!ストライプ2017」

「鷹の祭典2017」の画像検索結果

ユニフォームコンセプト/ 「日本一」「一致団結」「一体感」
白をベースカラーに設定し、ユニフォーム・パンツには、「ホークスの伝統を繋ぎ、日本一へと続く道」を意味したカチドキレッドのストライプラインを配しました。
この、ストライプラインは、鷹の羽ばたきをイメージしたカチドキレッドの「V」の集合体で構成されており、Vに向けて心を一つにしたファンと選手の一体感を表現しています。

softbankhawks

2016年 「チャンピオンブルー2016 」

「鷹の祭典2016専用ユニフォーム」デザインを、「チャンピオンブルー2016」と名付けました。この、「チャンピオンブルー2016」は、「2015日本一チャンピオンペナント」のブルーとイエローをベースカラーに設定し、V3に向かって戦い抜く「熱男2016」のイメージを表現しました。
今シーズン、福岡ソフトバンクホークスは、日本一チャンピオンペナントをモチーフとしたユニフォームをまとい、3年連続日本一を目指します。ご期待ください。

softbankhawks

2015年 「 熱男レボリューションイエロー 」

  • 6月29日 vs 埼玉西武(東京ドーム)
  • 7月9日  vs楽天(京セラドーム)
  • 7月20日 vs千葉ロッテ(北九州市民球場)
  • 7月21~22日 vs千葉ロッテ(ヤフオクドーム)
  • 7月24~26日 vsオリックス(ヤフオクドーム)

「鷹の祭典2015専用ユニフォーム」デザインを、「熱男レボリューションイエロー」と名付けました。
この、「熱男レボリューションイエロー」は、チームカラーの「レボリューションイエロー」をベースカラーに設定し、肩から始まるストライプラインを入れることで、南海時代から続くホークスの伝統の継承と原点回帰を表現しています。
また、ホークスの勝負色である「カチドキレッド」でロゴマークとペットマーク周辺を縁取ることで、今期スローガンである「熱男」たちが、優勝に向かって進みゆく強い決意をイメージしました。
レボリューションイエローとストライプラインによる「歴史継承」、「原点回帰」の表現、そして、「カチドキレッド」の縁取りに託された、「球団未踏の連続日本一」への強い思い。今季の「熱男」ホークスにふさわしいデザインとなっております。

softbankhawks

2014年 「 カチドキレッド2014 」

  • 試合日:2014年7月1日〜8月18日
  • 7月1日vs千葉ロッテ(東京ドーム)
  • 7月21日〜23日vs千葉ロッテ(ヤフオクドーム)
  • 7月25〜27日vsオリックス (ヤフオクドーム)
  • 8月18日vs埼玉西武(京セラドーム)

「鷹の祭典2014専用ユニフォーム」デザインには、「カチドキレッド2014」をテーマカラーとして決定いたしました。
この、「カチドキレッド」は、鷹の祭典2010において、応援歌「いざゆけ若鷹軍団」に謳われた、「いざゆけ 炎の若鷹軍団」のイメージそのままに、勝鬨(かちどき)をあげつつ、「ホークス選手」と「ホークスファン」が一丸となって戦い、突き進む様子を表すテーマカラーとして採用されました。
前回着用時2010年には、ホークスを奇跡の逆転リーグ優勝に導いた、「勝ち色」でもあります。
今回の鷹の祭典2014においては、より鮮やかな「カチドキレッド2014」として再び採用し、前回着用時に成し得なかった「日本一」への強い思いを、ロゴカラー「チャンピオンゴールド」に託した、今季のホークスにふさわしいデザインとなっております。

softbankhawks

2013年 「 ガッツパープル 」

  • 7月1日vs北海道日本ハム戦
  • 7月24~25日vs東北楽天戦
  • 7月26〜28日vs北海道日本ハム戦

「鷹の祭典2013専用ユニフォーム」デザインには、「ガッツパープル」をテーマカラーとして決定いたしました。
この、「ガッツパープル」は、鷹の祭典2013スローガン「超!ガッツメラメラ」のもと、選手とファンが一体となって、自分を超え、限界を超え、期待を超え、挑戦者であり続ける意思、そして、古来より日本の最上位色とされている「紫」に、日本一奪回への強い決意を象徴した色として命名されました。
もちろん、帽子のツバの色、そして、パンツのラインも「ガッツパープル」に変更されます。

softbankhawks

人気記事

更新日:

Copyright© 福岡ソフトバンクホークスブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.