ソフトバンクホークス、鷹の祭典の勝率

2004年 ホームカラーユニフォーム
「白の奇跡 福岡ドームからの挑戦
試合日:7月19日(月)
対戦相手:オリックス
勝敗:1勝0敗
勝利投手:和田

2005年 ビジターブラック
「ブラックホーク降臨」
試合日:7月18日(月)
対戦相手:楽天
勝敗:0勝1敗
敗戦投手:星野

2006年
〜BIG YELLOW DREAM 『鷹の祭典 2006 in ヤフードーム』〜
試合日:2006年7月15日・16日・17日
対戦相手:日本ハム・西武
勝敗:1勝2敗

2007年
モエルゼ、ナツ!ストロングホークス「鷹の祭典 2007 in ヤフードーム」
試合日:7月24日(火)・25日(水)・26日(木)
対戦相手:ロッテ
勝敗:3勝0敗

2008年
「鷹の祭典2008 in ヤフードームYELLOW SPRITS, 20th/70th HAWKS」
試合日:2008年7月21日(祝月)・22日(火)・23日(水)
対戦相手:オリックス・バファローズ
勝敗:1勝2敗

2009年 玄界灘ブルー
カツ!ナツ!「鷹の祭典2009 in ヤフードーム」
試合日:2009年7月20日(祝月)・21日(火)・22日(水)
対戦相手:東北楽天ゴールデンイーグルス
勝敗:2勝1敗

2010年 カチドキレッド
今年は燃えんといかんばい!「鷹の祭典2010 in ヤフードーム」
試合日:2010年7月19日(祝月)・20日(火)・21日(水)
対戦相手:埼玉西武ライオンズ 
勝敗:3勝0敗

2011年 チャンピオンブルー
翔ぶんダ!2011「鷹の祭典2011 in ヤフードーム」
試合日:2011年7月8日〜20日
対戦相手:7月8日vs千葉ロッテ、18日〜20日vs埼玉西武ライオンズ
勝敗:4勝0敗

2012年 ブイブイグリーン
鷹の祭典2012
試合日:2012年7月2日〜18日
対戦相手:7月2日vs埼玉西武ライオンズ 
     7月15日vs千葉ロッテ
     7月16〜18日vsオリックス
勝敗:4勝1敗

ソフトバンクホークスチャンステーマ歌詞-関東「ガッチャン」「オス!チャンス」

■■■■関東■■■■
○関東チャンステーマ 『ガッチャン』

【スリーコール】
ガッツだ燃えろ○○(×3)
【イントロ】
ラ~ララララララ~ ラ~ララララララ~
ここで決めて勝つんだ そうだ俺達が勝利の使者になろう(Let’s GO×2)
【メイン】
チャンス、チャンス、今、チャンス 拳を挙げて(オイ×3)
チャンス、チャンス、今、チャンス 燃やせよ魂(オイ×3)
チャンス、チャンス、今、チャンス Oh~(オイ×4)
チャンス、チャンス、今、チャンス Oh~(そ~れ)
【コール】
決めろ 決めろ ○○ 決めろ ※3文字の選手は「○○が決めろ」
燃えろ 燃えろ ガッツだ燃えろ ○○

○オス!チャンス(改)【2014チャンステーマ】

応援団「お楽しみは?」
ファン「これからだー!」
ワン!ツー!スリー!フォー!
お~よっしゃ行くぞぉ!!

行け行け行け行け 押せ押せ押せ押せ
撃て撃て撃て撃て
撃て!撃て!(選手名)
行け行け行け行け 押せ押せ押せ押せ
オイオイオイオイ
オイ!オイ!(選手名)

行け!行け!押せ!押せ!
ゴーゴーレッツゴーレッツゴー(選手名)
行~け! 押~せ! お~よっしゃ行くぞぉ!!
(※前打者がヒットを打った場合は、『もう一丁行くぞぉ!!』)

チャンステーマ-北海道、東北など北日本

■■■■北海道、東北など北日本■■■■
○北日本チャンステーマ

【前奏:野球場の中から がんばれって言っている 激しく熱く いまここで がんばれ!】

燃える闘志 今見せてやれ ●●一振りで決めてやれ
勝利 決まれば お前の夜だ
 【コール:(ドラム)●●! (ドラム)●●! いまここで がんばれ!】

GW ソフトバンクホークス 6勝1敗2分け

GWのホークスは、まさにゴールデンな一週間でした。

ソフトバンクホークス 6勝1敗2分け

強い・・・。

しかし、何が強いのか?

柳田が打ちまくっている?? ・・・・NO
→1HR

内川は?松田は?長谷川は?・・・・。

これと言って、特別に打ちまくっている人がいるという印象はない。

先発投手もみんながみんないいわけではない。
バンデンハークはまだ負けなしという記録は続いているものの、
あの日も打ち込まれていた。

おそらく、その秘訣は、勝負所がチームの中で分かっているところだろうと思う。

誰がいいわけではないけど、チームとしてのまとまりと何をすればいいかが
わかっていると思う。

野球とは、「あと一本」「ここで一本」が打てるかどうかのスポーツだと思う。

数多く打つ必要もない(打てばいいけど、打てば勝てるとは限らない)。
一本しか打たないけど、打つべきところで打つかどうかだろう。

チームの打撃成績ではすべてが1位ではないけど、
ダントツの成績。

これが今のホークスの強さだろう。

そして、もし皆が打ちまくったら・・・・。100勝も現実化してくる。

2016/5/7 またもや、勝利・・・。

また勝ちました。

・・・というのが正直な感想です。

一度は同点に追いつかれはしたけど、
すぐ突き放す。

最少得点で、無駄なく、ハラハラドキドキさせながらも
確実に勝つ。

選手本人たちは一生懸命でしょうが、何か、楽しんでいるかのように、
ドラマチック試合を演出しているようにさえ、見えます。

貯金は11.

まだ8つしか負けていません。

とはいっても、柳田は不調のまま、内川はそれなりに打ってはいるが、
それ以外は、実力からすると平凡な成績だ。
あえて、誰がいいってわけではない。
それでも勝っている。

本気になったときのホークスは本当に手が付けられないだろうなぁぁ。

敵じゃなくてよかったと、思う、、、今日この頃です。

負けないホークス

GWの北海道3連戦は、○△○ と2勝1分け。
負けていません。

いやー、すごいですね。

点差が離されていても最後までわからないのが、
今年のホークス。

とにかく負けない負けない。。

試合が上手になりましたね。

2016.4.24 内川のサヨナラホームランの試合、裏のヒーローは長谷川!試合の流れを変える選手だ

2016.4.24 の試合はしびれた・・・。

内川のサヨナラホームランはもちろん感動したのだが、

それを呼び込んだのが、長谷川選手。

あのクールな長谷川が悔しさをあらわにして、ヘッドスライディングで気合を出して、

その後の同点アーチ。

おととしの試合を思いだした。

ユニフォームを破きながらも気合のヘッドスライディング

気迫のヘッドスライディングを見せ­て同点に追いついた!

彼はここぞというときに試合の流れを変えられる貴重な選手。

そういう数字に表れない力がホークスにはある。
チーム力とはそういうものなのだろう。

自分のためではなくチームのために何ができるか?
を考えているチームはやはり強い!